カードローンの申し込みの注意点についての知っ得情報

カードローンの申し込みの注意点についての知っ得情報

カードローンの申し込みは借りすぎに注意が必要

カードローンは便利で使い勝手が良いため人気になっており、年々市場規模も大きくなってきています。それゆえ、若い方でも気軽に申し込みをする方が多くなっています。

 

カードローンの申し込みは基本的に20歳以上で、ある程度の収入があれば可能となっています。申し込み方法としては現在人気になっているのが携帯やスマホ、PCなどからのネットからの申し込みで、他に無人契約機や電話、郵送、店舗に行く方法などがあります。

 

申し込み時間としては、ネットでは24時間手続きができるようになっており、他の方法は会社によって利用時間が異なりますので、事前に調べておくとよいです。申し込みが終わると次に審査がありますが、基本的に他社からの借入額が多かったり、ブラックでなければ大抵は通るようになっています。

 

そしてその後融資といった流れになります。融資方法は現在色々とあり、店舗ATMを利用する方法や提携ATMを利用する方法、登録口座に直接入金をしてもらう方法などがあります。返済方法も同じように店舗ATMから返済する方法、提携ATMから返済する方法、振込、引落しといった方法などがあります。

 

現在のカードローンは審査が甘くなっている分、利用するときには注意も必要となってきます。借りすぎて返済額が多くなり、返せなくなってしまうこともあるからです。

 

そして他に注意をする点としては、一つの会社からでなく何社もカードローンを利用することです。
そうすることで、同じように返済額が多くなり、返済できないことも多々ありますので、利用する際にはこういった点も注意が必要です。

 

借入額ですが、最初にするべきこととしては、毎月いくらまでなら返済できるかを検討する必要があります。自分の収入に対して、支出はいくらなのか、貯金はいくらなのかを考え、その残りを返済にまわすと良いので事前に計算しておくと良いです。

 

例えば毎月20万円の収入があるとして、支出が12万で貯金は3万円だとします。残りが5万円となりますので、この5万円を返済に充てることができます。
ただし急な出費もありますので、余裕をみて2万円程度は手元においておくと良いです。そうすることで、急な出費など何かあったときには対処することも可能になるので、余裕をみて返済に充てると良いです。

 

こういった風に借入するときは毎月の返済を考えるのが大事になってきますので、利用する際はこの点をよく考える必要があります。